健康のためが逆効果

健康のためが逆効果

健康のためにと思って摂取しているものでも、実は体に悪いものがあります。たとえばサプリメントです。

 

サプリメントに感じては効果があるかどうかは医学的に証拠があまりないのです。よほどの栄養失調状態でない限り、サプリメントの効果はないといっても過言ではないそうです。

 

しかもサプリメントの摂りすぎは体に毒ともなりかねません。 癌や心臓疾患のリスクが上がるそうです。これではせっかく健康のために行っていることも意味がなくなってしまいます。

 

ダイエット飲料やスポーツドリンク は腎臓機能を低下させることがあります。なぜならば人工甘味料のせいです。またインシュリン濃度があがるので、脂肪もつきやすくなってしまうのです。

 

これではダイエットをしても意味がありません。さらに糖尿病になるリスクが1.7倍もあるといわれています。健康のためにしていることが逆効果になっているのです。